ホーム » 授業紹介 » 授業紹介その2 エンジンデザイン

授業紹介その2 エンジンデザイン

この授業では、学生一人一人が異なる条件(エンジンの大きさや回転数など)で設計したエンジンの内部構造を、コンピュータ内部でモデル化して動作させてみます。そして問題なく動作することがわかったら、次にエンジン内部の各部品に加わる力を、コンピュータによる解析(CAE)で調べます。

授業は、機械システム工学科のCAD/CAM室で行います。この部屋には50台のワークステーションを設置しており、授業で使用するのはもちろんのこと、自分でCAD/CAM/CAEの勉強がしたい学生は、自由に使用することができます。

エンジン・デザインの授業の前半(4月から5月にかけて)は内田教授が担当しますが、後半(6月から7月にかけて)は、中東准教授(手前3人の真中)と坂口教授(一番奥)が担当します。

設計したエンジンの動作を、三次元モデルでチェックしているところです。

動きを目で見るだけではなく、部品の動く速度や加速をを計算して、グラフ表示したりもします。

CAD/CAM/CAEには興味を覚える学生も多く、そうした学生たちは自分で進んで勉強を進めていきます。

そしてプロの設計エンジニアを目指してゆくのです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です